#Facebook

“インフルエンサーマーケティング”って何?

2018.09.07

“インフルエンサー”とは、英語の「influence(影響)」が語源で、「社会に影響を及ぼす人」を意味します。もともとは芸能人やアーティストに向けられていた言葉ですが、最近では“人気のユーチューバ―”や“多くのフォロワーを持つインスタグラマー”など、インターネットにおいて世間に大きな影響力を持つ人、特にSNSなどで消費者の購買行動決定に影響を与える人をさすことが多いようです。

“インフルエンサー”による投稿は、特定のコミュニティーに強い影響力があり、認知や購買欲の向上に効果があります。

そんなインフルエンサーに、企業とお客様の懸け橋をお願いしよう!というのがインフルエンサー・マーケティングなのです。

現在インフルエンサーが活躍する代表的なプラットフォームInstagram・Twitter・YouTubeの3つで、プラットフォームごとに以下のような特徴があります。

またフォロワーの人数によっても以下のように分類されます。

 

さらに投稿の傾向によって『タレント・モデル型』『ジャンル特化型』『クリエイティブ特化型』などに分けることができます。

以上の特徴を踏まえ、商材に合ったインスタグラマーのキャスティングと広告配信ができれば、話題性の獲得はもちろん、見たい情報が興味のあるユーザーに届く確率が高くなることで、広告に対する拒否感が薄くなるというメリットもあります。

新しいマーケティング手法として注目されるインフルエンサー・マーケティング。
ぜひブランディングに役立ててみてはいかがでしょうか。

 

“インフルエンサーマーケティング”って何? の記事をシェア!

この記事が気になったら
いいね!

ビジネスネットワークメディアbsmo