#Facebook

Facebookのインフラ化!仮想通貨送金サービスへの参画を発表

2019.06.20

Facebookは6月18日(米国時間)、金融サービスの提供を目的として設立した新会社「Calibra(カリブラ)」と同社の計画について発表しました。

「Calibra」が提供するのは、ブロックチェーン技術を活用した新しいグローバル通貨「Libra」を貯金・送金・使用することができるデジタルウォレットで、2020年のサービス開始を予定しています。

このデジタルウォレットはMessenger、WhatsApp、および専用アプリで使用することができ、ユーザーはテキストメッセージを送るのと同じくらい簡単に、スマートフォンから、無料(あるいは少額)でLibraを送ることができます。

また、Facebook社は、将来的に、現金や定期券を持たなくてよいようになるようなサービスを利用者や企業に提供したいと考えているということです。

Calibraの使用イメージは以下のようになります。

1) ホーム画面  2) メッセージ付き送信フロー 3) 確認画面

Calibraではユーザー情報を銀行やクレジットカードと同じ認証方法や詐欺防止プロセスで、厳重に管理されます。

万が一ユーザーが携帯電話をなくしたり、パスワードを忘れたりした場合に備えて、専任のライブ・サポート体制を用意するほか、仮に誰かがアカウント情報を悪用しLibraが使用されてしまった場合は、ユーザーにLibraを払い戻す措置が行われます。

またCalibraのアカウント情報や金融情報は、事前の同意なしにFacebook・他の第三者には共有しない方針だということです。

♦♦♦

現在、世界中、特に開発途上国には、銀行口座など持っておらず未だに基本的な金融サービス利用の恩恵を受けられない人々が数多くおり、移民による自国への送金にも高額な手数料がかかっているといいます。

Facebook社は、Calibraを活用し、これまで銀行などを利用できなかったユーザーにも金融サービスを提供することで上記の課題を解決したいとしています。

今後もFacebook社は、開発に関する情報のアップデートを行っていく予定だということです。

参考:Facebook

Facebookのインフラ化!仮想通貨送金サービスへの参画を発表 の記事をシェア!

この記事が気になったら
いいね!

ビジネスネットワークメディアbsmo