#Facebook

”Facebookピクセル”って何??

2019.06.26

今回はFacebook広告を使いこなすにあたって欠かせないツール
『Facebookピクセル』についてご紹介します。

【Facebookピクセルとは?】

Facebookピクセルは、ウェブサイトで実行されたアクションを把握して、宣伝の効果を測定できる分析ツールです。

使いこなすのは難しいですが、Facebook内の広告を効率的なものにしてくれます。

Facebookピクセルは、WEBサイトに貼り付けることのできるコードで構成されています。

効果的な広告運用のためには、Facebookピクセルを正しく実装し、運用に取り入れていくことが重要です。

ピクセルによってユーザーのアクションを収集することで、Facebook広告をより効果的・効率的に配信することができ、顧客のアクション(Facebookではイベントと呼ばれます)を確認したり、今後のFacebook広告でこれらの顧客にもう一度リーチするオプションを利用したりすることができます。

【Facebookピクセルの機能】

Facebookピクセルは、次の目的で使用できます。

• 広告が狙いどおりの利用者に表示されているかを確認する。新しい潜在顧客を見つけたり、ウェブサイトで特定のページにアクセスした人や望ましいアクションをとった人にリーチしたりできます。

• 販売を促進する。自動入札機能を利用すると、求めているアクション(商品の購入など)を実行する可能性が高い人にリーチできます。

• 広告の効果を測定する。広告を直接のきっかけとして生じた結果を計測し、広告の効果を理解することができます。

Facebook公式ページより引用

ユーザーがウェブページにアクセスしてURLが読み込まれると、コードが実行され、そのページへのアクセスがFacebookによって登録されます。

また『ユーザーがボタンをクリックする』『ショッピングカートにアイテムを追加する』などといったウェブページでの特定の操作を記録することもできます。

Facebookピクセルを使うことで、誰に広告を見せているのかを正確に把握できるだけではなく、Facebook広告の効果をより理解することが可能です。

♦♦♦

Facebookピクセルを使ってみようとしてみた方のなかには、使いこなすのが難しくて止まってしまった方もいるのではないでしょうか?

仮にできたとしてもその後の動作確認や運用はなかなか大変です。

Bsmoの強みは、これらのツールを利用したうえでの分析力とターゲティング力の高さです。

国内だけにとどまらず、海外においても多数の成功事例があります。

<リンク:ECプラットフォーム“Shopify”を効果的に運用 世界各国に「SAMURAI RING」の販売成功>

これまでFacebook広告で効果を感じられなかった方はぜひ一度、弊社にご相談ください。

参考:Facebook

”Facebookピクセル”って何?? の記事をシェア!

この記事が気になったら
いいね!

ビジネスネットワークメディアbsmo