#Instagram

【Instagram】いじめ防止の新機能を導入

2019.07.10

Facebook社傘下のInstagramでは、
SNS上でのいじめ行為を防ぐため

「他者を傷つける可能性があるコメントに再考を促す機能」

「特定のアカウントのコメントやDMを制限する機能」

の追加を発表しました。

ではそれぞれ詳しく見て行きましょう。

♦♦♦

まず一つ目は、「他者を傷つける可能性があるコメントに再考を促す機能」です。

いじめにつながる可能性のあるコメントをAIが検出し、文章の内容を見直すよう警告します。

機能のテストは初期段階ですが、通知によって一部の利用者は投稿する前に内容を考え直し、コメントを取り消したり、控えめな表現に変えたりするなど、一定の効果が確認されているいうことです。

 

そして二つ目は「特定のアカウントのコメントやDMを制限する機能」です。

これまでもいじめ対策として、相手からの閲覧をブロックする機能や、コメントを削除する機能、フォローの解除や報告機能がありました。

しかし上記の機能は使用したことが対象者にもわかってしまうため、ユーザーは、いじめがあったとしても状況が悪化するのを恐れて利用を躊躇していました。

そこでInstagramでは新たに「制限」という機能を設けました。

この新機能を使い、特定のアカウントを制限すると、

・対象者からの投稿に対してのコメントは、ユーザーの承認がない限りは、対象者にのみ公開される

・ユーザーがInstagram上でオンラインであることが通知されない

・DMを既読したことが相手に通知されない

など、相手に知られることなくいじめへの対策をすることができます。

♦♦♦
Instagram責任者 アダム・モッセーリ氏はこの発表について

“私たちにはInstagram上に安全な環境を作る責任があり、これまでも優先事項として取り組んできました。今後も、いじめ問題に対する理解を深め、対策のために投資を続けていきます。より多くのアップデートを利用者の皆様に共有できるのを楽しみにしています。”

とコメントしています。

これらの新機能はテストののち、実装される予定ということです。

参考:Facebook

【Instagram】いじめ防止の新機能を導入 の記事をシェア!

この記事が気になったら
いいね!

ビジネスネットワークメディアbsmo