#NEWS

BsmoがSNSマーケティング運用を担当する<キャッチライトレンズ[OvE]>が【グッドデザイン賞】を受賞しました!

2019.10.02

Bsmoは『SNSを活用したターゲティング広告』と『グループ事業のSNSマーケティング運用』を手掛けていますが、この度、弊社がSNSマーケティングを担当しているグループ企業・株式会社ANW(本社:東京都港区 代表取締役:坪田宗久 以下ANW)から、キャッチライトレンズ[OvE]が<2019年グッドデザイン賞>を受賞しました。

日本で最も権威のあるデザインアワードにおいて、レンズデザインを評価されての受賞はカラコン業界では初となります。

------------

-OvE-キャッチライトレンズ

◼️ ヘア&メイクアップアーティスト中野明海さんと2年半かけて共同開発。よりナチュラルに瞳に馴染むデザイン。

OvEはヘア&メイクアップアーティストの中野明海さんと共同開発。「撮影現場で用いるテクニックをコンタクトレンズで表現できないか」という中野さんの思いから瞳に光を取り込む「キャッチライトレンズ®」が誕生。レフ板を使って瞳の中に光を写り込ませるように、自然に瞳になじませるようデザインを左右非対称に配した独自のドットデザインです。

人工的な印象をなくす為、ランダムなドットの配置やドットサイズの不均一さ、カラーの調整などを幾度も行い、2年半の開発期間の中で作成したレンズデザイン数は合計80デザインを超えました。試行錯誤の結果、自然にその人らしい瞳を芯から引き出す、内側から美しく輝く瞳を表現することに成功しました。

◼️ANW独自の3Dコレクトドットを採用

《3Dコレクトドット》『OvE(オヴィ)』のレンズは、極小ドットを使用し瞳本来の美しさを維持。立体感が失われないように、より自然に瞳になじむように設計しています。

------------

▼審査員の評価

(出典:2019年度グッドデザイン賞受賞ページより)

「コンタクトレンズが、単に視力矯正のためのツールだけではなく、自己表現のためのツールとなりつつある昨今、瞳に光を入れて自然な輝きをつくるOvEは、とても興味深いアプローチの商品である。何層にも重ねられた色やドットパターンは、不均一さをつくるように構成され、カラーコンタクトレンズやサークルレンズに見られるような人工的な印象を排しながら、自分らしさはそのままに、印象的な透明感のある瞳にすることができる。簡易さを持ちながらも、ユーザーの自己表現の世界を広げてくれるツールとして、審査員の間でも評価が高かった。」

------------

「光を集めたような瞳になる」
「大人も素敵に使える」
「自然に目が輝きます!」など

お客様からたくさんのレビューをいただき、Bsmoとしても大変嬉しく思っています。

これからもキャッチライトレンズ[OvE]がますます多くの方に愛されるよう、精進を重ねていきたいと思います。

♦OvE公式ブランドページ:
https://ove-official.jp/

BsmoがSNSマーケティング運用を担当する<キャッチライトレンズ[OvE]>が【グッドデザイン賞】を受賞しました! の記事をシェア!

この記事が気になったら
いいね!

ビジネスネットワークメディアbsmo