#Facebook

【Facebook】「Facebook Pay」米国で提供開始

2019.11.18

Facebook社は11月12日(現地時間)、Facebook・Messenger・Instagram・WhatsAppのアプリ内で支払いを完結させることができる新たな機能、「Facebook Pay」の導入を発表しました。

2019年11月18日時点で、米国のFacebookとFacebook Messengerでサービスの利用が開始されていますが、将来的にはInstagram・WhatsAppでも利用できるようにし、サービスの提供地域も広げていくということです。

Facebook社は、このサービスを、Facebookアプリ内での資金調達(募金活動)や各種支払い・ゲーム内課金・マーケットプレイスや一部のFacebookページで販売している製品の購入・Messengerでの友達への送金などに利用してほしいとしています。

Facebook Payは、主要なクレジットカード・デビットカード、PayPalなどをサポートしていて、支払いはそれらの企業と提携して処理されます。

Facebook Pay

・FacebookアプリまたはWebサイトで[設定
]> [Facebook Pay]に移動
支払い方法を追加することで、Facebook Payを利用できるようになります。

※WhatsAppとInstagramでFacebook Payが利用可能になった際には、各アプリ内で直接Facebook Payを設定できるようになります。

またこのサービスについて、Facebook社は6月に発表した暗号通貨「Libra」のウォレット「Calibra」とは別のものであるとしています。

関連記事:Facebookのインフラ化!仮想通貨送金サービスへの参画

【Facebook】「Facebook Pay」米国で提供開始 の記事をシェア!

この記事が気になったら
いいね!

ビジネスネットワークメディアbsmo